男性が被るペニスが小さいことによる弊害について解説します。

小さい事の弊害

ペニスが小さいと多くの弊害が発生します。
ペニスが小さい人は、長年そのサイズのペニスと付き合っているので自覚がない人も多いですが、今一度デメリットを理解してペニス増大について考え直してみてはいかがでしょうか?

 

ペニスが小さい場合の弊害は次のものがあります。

 

病気にかかりやすい

ペニスが小さいと包茎リスクが高く、全体的にペニスの免疫力が低い場合が多いです。
風俗店にいくとすぐに病気をもらったり、歯があたるとすぐに傷ついて、さらに膿んでしまうなど症状が悪化しやすいです。
ペニスのサイズが大きくなると、免疫力が高くなり病気になりにくい強いペニスへと成長していきます。
また、ペニスが小さいと包茎比率が高く、包茎だと不衛生という弊害も出てきます。

 

女性が満足しない

男性は性生活が様々な活力の源になります。
本能的な問題もあって、多くの女性とたくさんのセックスをしたいと思う気持ちは健全な事です。
しかし、ペニスが小さすぎると、女性が満足しないので2回目、3回目と繋がっていかず、親密な交際や夫婦関係にあってもセックスレスに発展するリスクが高くなります。
また、ペニスが小さい事へのコンプレックスで女性へのアプローチが消極的になってしまう場合もあります。
セックスをたくさんする事を諦めてしまっている人も、もう一度満たされた日々を送れたら、どれだけ幸せか考えてみてください。
容姿や話術は変わらなくてもペニスの大きさが変わるだけで、性生活は大きく改善する可能性があります。

 

同性からも馬鹿にされる

悩む男性イメージ

ペニスは男性のシンボルでもあります。
大衆浴場などで裸の付き合いをする際にペニスが小さいと同性から馬鹿にされたり話のネタにされる事もあります。
たかがペニスが小さいだけで、それを見た男性から見下されたり、ナメられてしまう事もあります。
また、ペニスが小さい人はこうした事が頻繁に起こるので、友達同士でお風呂や旅行に行く事や、会社の社員旅行を憂鬱に感じてしまうようになります。
ペニス増大に成功すると、同性に対しても自分に自信を持って接するようになれます。

大きいペニスがもたらす恩恵とは?